レプリカロレックスヨットマスター42 226659腕時計

ロレックス226659のステータスを見るF – ユーを除いて、本当に新しいものは2ミリメートル拡大ヨットマスター42ケースです。私は本当に標準的なヨットマスター40の上にわずかに拡大された全体的な比率を賞賛するけれども、広いラグは実際にこの時計を私の手首には少し大き過ぎます。ロレックスは実際に来るに加えて2019年全体のヨットマスター40コレクション全体を更新全ラインナップには、ブランドの最新世代のケース作成および仕上げプロセス、そして最新世代の自社製キャリバー3235自動ムーブメントが採用されています。繰り返しますが、これには40mmと42mmのヨットマスターが含まれています。この堅牢な18KホワイトゴールドYacht-Master 42を、Oysterflexブレスレットの42mm幅ケースの販売をテストするための実験と考えてください。


ロレックスは、ほとんどの場合、まずハイエンドの時計に新しいケースやムーブメントを紹介し、それらを市場に浸透させてテストします。ロレックスが最終的にどこかでどこかでYacht-Master 42のケースのスチールバージョンを製造することは非常に(非常に)可能です。それはすべてモデルの成功にかかっています。ロレックスは、エラストマーのOysterflexストラップで40mm幅と37mm幅(ゴールド)のヨットマスターを販売することで、ヨットマスターに新しい命を吹き込むことに成功しています。 Oysterflexストラップのロレックスデイトナもヒットしました、そしてまた、これらの時計はすべて金色です。ハイエンドのスポーツウォッチの市場が多種多様な時代の中で、カラフルなハイテクストラップでロレックスが真っ黒なラバーストラップの上に本当に派手なゴールドの時計を置くことによってそれを殺し続けているのはちょっと驚くべきことです。
ホワイトゴールドとブラックセラミックのヨットマスター42の私のニックネームは、フィルムノワールの様式化されたムードを思い出させるので「ヨットマスターノワール」です。視覚的に言えば、このシルバーとブラックの腕時計はサブマリーナーと一目で簡単に間違えられる可能性があります – ベゼルとケースの形状を変えて保存してください。ヨットマスターは、急進的なケース形状をしたロレックス唯一のスポーツウォッチです。ベゼルには浮き彫りになったマーカーもありますが、インサートも黒いセラミックです。 Submarinerや他のRolexダイブウォッチの一方向回転ベゼルとは異なり、Yacht-Master 42には双方向回転ベゼルが付いています(理由はよくわかりません)。ヨットマスターとサブマリーナーは非常に似ていますが、ヨットマスターは100メートルの耐水性があり、サブマリーナーは300メートルの耐水性があります。

ロレックスは、「42mmヨットマスターは43mm Sea-Dweller地域に少し居住しているのではないですか」というような話し合いに十分な顧客を抱えています。ロレックスは、43mm幅のスチール製腕時計のブレスレットの市場が42mm幅の18Kホワイトゴールドの腕時計のストラップの市場とは異なることを知っているほど十分に顧客を理解しています。実際、226659 Yacht-Master 42の時計はおそらくどこかで売り切れているのではなく、ロレックスがそれらを1トンも作っていないという理由で、おそらく入手が難しいでしょう。

3125/5000 レアルティザンデジュネーブラモントーヤ偽ロレックスデイトナウォッチ

クロノグラフとして、ロレックスデイトナには同等のものがほとんどありません。頑丈な904Lオイスタースチール、非常に耐摩耗性があり、色あせないセラクロムのベゼル、そしてもちろん非常に信頼性の高いキャリバー4130のムーブメントにより、非常に高い水準になっています。しかし、あなたはそれが何の問題なのか知っていますか?独自の成功により、使い慣れたものになりました。ブティックには長い待ち行列があるかもしれませんが、大都市や主要空港ではいつでもカップルを見つけることができます。デイトナに対する彼の欲求をどのように満たすことができるのでしょうか?そのような選択肢はあなただけではありませんが、レーサーの並外れたファンであるファンパブロモントーヤのために特別に作られた高度にカスタマイズされたロレックスデイトナである新しいレアルティザンデジュネーブラモントーヤロレックスデイトナをご覧になることをお勧めします。


フォーミュラ1、NASCAR、およびIndyCarで成功を収めたモントーヤは、最終的にロレックスデイトナの大ファンです。レースでカップルに勝つことができたら、あなたもそうなるでしょう。モントーヤはロレックス24で3回優勝し、毎回ロレックスデイトナが贈られ、彼の勝利を祝い、記念しました。合計で、モントーヤは約7〜8個のロレックスデイトナを持っていると言いましたが、彼が本当に欲しかったのは他とは異なるデイトナでした。これは、ジュネーブの職人が入る場所です。
ジュネーブの職人は、ロレックスデイトナをカスタマイズすることに慣れています。ロレックスデイトナ6263へのオマージュとクラヴィッツデザインKL01は、彼らが行う仕事の良い例ですが、ラモントーヤはおそらく最も極端なものです。ラモントーヤは、泥沼の標準的なステンレススチール製のロレックスデイトナとして誕生しました。 40mmステンレススチールケースはほとんど手付かずで、ラモントーヤはデイトナの分厚いねじ込みプッシャーとトリップロッククラウンを保持しています。レ・アルティザン・ド・ジュネーブは、ベースの時計が古い116520であるか新しい116500であるかを明らかにしませんでしたが、タキメーターは鍛造カーボン製のものに置き換えられました。
ただし、ダイヤルを見ると、すべてが変更されていることがわかります。ラモントーヤは、非常にスケルトン化されたダイヤルとムーブメントを備えています。カウンターは、モントーヤの母国であるコロンビアの色を着たカウンターに置き換えられました。クロノグラフのカウンター針も、カウンターと色が合った鉛筆型のものと交換されています。最後に、中央のクロノグラフの秒針の先端に赤いサンドブラスト仕上げが施されています。触れられていないものは、ホワイトゴールドの時針と分針だけです。


キャリバー4130の内部は完全にスケルトン化されており、サファイアディスプレイのケースバックを通して見ることができます。ムーブメント全体が分解され、スケルトン化され、手作業で仕上げられたため、ブリッジのエッジは手で斜めになりました。コラムホイールなどの基本構造と、赤いアルマイトホイールなどのロレックス独自の特性が残ります。ローターも22kグレーゴールドで作られたものと交換されています。ローターの素材としてはユニークな選択ですが、ローターのデザインはミヨタスのデザインを思い起こさせます。

NEW 2016レプリカロレックスオイスターパーペチュアルエアキング 腕時計

ロレックスの腕時計オイスターパーペチュアルエアキングは消えました – あなたはそれに気付きましたか?あなたの多くは、去年のバーゼルワールドでの交換、2015オイスターパーペチュアルをカバーした時、少なくともあなたの多くは確信しています…しかし、ロイターオイスターパーペチュアルエアキングがバーゼルワールドに戻ったので、 2016年、いくつかの興味深い方法で。新しいロレックスデイトナやロレックスデイトジャスト41のようなセックスアピールやラグジュアリーキャッシュはないかもしれませんが、実際には私たちのいくつかは驚きでした。 。
新しい2016年のロレックスオイスターパーペチュアルエアキングウォッチハンズオンハンズオン


まず、ロレックスは本当に必要と感じる時にのみ伝統的に変更し、更新します。ロレックス・オイスター・パーペチュアル・エア・キングは例外ではありません。 Rolex Oyster Perpetual Air Kingとの間で、より頻繁に課された苦情の1つは、それが提供された34mm幅のケースバージョンが、現代のトレンドにとって「十分ではない」ということでした。まあ、 “アップサイズ”のモデルをリリースするのではなく、古いモデルを落として2年後に新しいロールプレイング・オイスター・パーペチュアル・エア・キングをリリースし、その問題を解決しました。 40mm幅のケースを大いに歓迎しています。
ロレックスは時計の復帰を航空機の根拠と呼んで、この新しい大きなダイヤルを大声で明瞭に読むことを望んでいます。 2016年の新しいロレックス・オイスター・パーペチュアル・エア・キングから得た最初の印象は、デザインが非常に大胆になり、以前のバージョンが縮小し、非常に保守的だったということでした。この新しいモデルは、ロレックスエクスプローラⅠとロレックスの腕時計ミルガウスとの間にさらに多くのものがあります。

新しいRolex Oyster Perpetual Air-Kingはブラックダイヤル付きの1つのバージョンで再デビューしました。 40mm幅のケースデザインは事実上Rolex Milgaussと同じですが、そのダイヤル・スポーツは基本的にRolex Explorer Iと同じ3〜6〜9のインデックスで、今年はそれを更新しました。それは確かに興味深い混合物です。
しかし、Rolexから来る本当に珍しいデザイン決定は、同じスケールで時と分のマーカーを組み合わせたものです。ロレックスの腕時計は、地球上の最も深いところや最高の場所にそれを作った実績のあるツールウォッチデザインの驚くべき歴史を誇りに思っています。このダイヤルデザインの新しいRolex Oyster Perpetual Air-Kingは、その範囲のツールウォッチではミスフィットのようです。
ダイヤルに1時間だけ、または2桁の分マーカー(または単なるバトン指標)を読むことは、一部の場所では1桁の時間を、他の場所では1分の刻印を見るよりもかなり簡単です。新しいロレックスオイスターパーペチュアルエアキングの時間限定機能と全体的に優れた読みやすさが他の点ではほとんど残っていなくても、それは概念としてかなり早く慣れることができると確信しています混乱の余地。
新しいRolex Oyster Perpetual Air-Kingの内部の動きは、28,800 vph(4Hz)で動作する3131社のキャリバーで、48時間のパワーリザーブを備えています。すべてのロレックスの時計と同様に、新しいロレックスの腕時計オイスターパーペチュアルエア – キングは、COSCによってテストされ、その後、ロレックスによって、社内認定試験、ロレックスの最上級クロノメーター認定でテストされます。この後者の新しいテストは、新しいRolex Oyster Perpetual Air Kingが-2 / + 2秒/日のテストを受けることを意味します。エントリーレベルの(ロレックスのための)それの価格ポイントを考慮すると、適切に信頼できる正確なメカニカルウォッチを得ることが期待できます。


エントリーレベルのロレックスの腕時計として、Rolex Oyster Perpetual Air-King Ref。 116900は、より小さい34mmのケースに入ることができなかった人々のために安定したものに歓迎されるようである。ユニークな時と分のマーカーは少し慣れているかもしれませんが、それは本当に最大のものではありません。再びRolex Oyster Perpetual Air-Kingは、古典的なオイスターブレスレットの黒いダイヤルの一種で、税金を含む5,900スイスフランの価格で販売されています。