腕時計を購入するロレックスコスモグラフデイトナ

ロレックスデイトナのファンにとって、2016年は大きな一年でした。なぜなら、同社は最終的に鉄鋼製のセラミックベゼルでデイトナをリリースしたからです。ロレックスの腕時計は、2017年にゴールドモデルでデイトナラインを更新しています。今年は、イエローとホワイトゴールドデイトナの時計は、すべてCerachrom(セラミックのロレックス – 話す)ベゼルを取得します。しかし、おそらく最も驚くべきことは、これらの時計は伝統的なオイスターブレスレットではないということです。代わりに、彼らはオイスターロックの安全クラスプを持つRolexの比較的新しいOysterflexストラップが付属します。ある人はそれを愛し、ある人はそれを嫌っているが、そこには明らかに市場がある。
Audemars PiguetやHublotのようなブランドから提供されている製品の代わりに魅力的なRolexの代替品を見たことがないお客様には、Rolex Cosmograph Daytonaのこの構成があります。販売ロレックスの腕時計デイトナでは修正されていない声明を出すのは難しいことですが、これは時計の寿命と望ましさを証明するものですが、これらのバイヤーにとっては、これらのオイスターフォールズモデルは実行可能なオプションを提示する可能性があります。最初にこのリリースを取り上げましたが、今では、自分と手首でより良い気分を味わうための実地の写真があります。


後でOysterflexストラップについてお話したいと思いますが、まずRolex Daytonaを知っている人には馴染み深いRolex Cosmograph Daytonaの基礎を見て行きましょう。これらの新しいデイトナ時計は40mm幅のケースに入っており、18kホワイトゴールドと18kイエローゴールドで提供され、Cerachromベゼルが付属します。 Everoseには3番目のバージョンもあります。技術的には、Everose Rolex Cosmograph Daytonaは、起動時にすでにCerachromベゼルを持っていましたが、Oysterflexストラップが付いているので、ここで他の2つに加わります。
Oysterflexの最初の時計は、2015年のEverose Yacht-Masterでした.Oysterflexストラップは、ゴムまたはエラストマーのストラップではないという点で非常に特別です。いいえ、販売ロレックスの腕時計は簡単なことをしません。代わりに、超弾性ブレードが使用され、次いでエラストマーで成形される。その目的は、金属製のブレスレットの信頼性とエラストマーストラップの快適性を備えたストラップを作成することでした。ここのデイトナの新しい時計では、ストラップの長さを約5mmにすばやく増やすEasylinkメカニズムを備えたオイスターロックの安全クラスプも手に入ります。


多くの人々が「それはまだゴムです」という議論をしており、それはもちろん真実です。しかし、他の多くの人にはラバーストラップ、特にロレックスの腕時計がこれをどうやって行っているのかは分かりませんが、その3万ドルを楽しく過ごしても大丈夫です。それは慰め、スポーティな美学、または彼らが目立つのが好きであるからかもしれません。あなたはそれが気に入らないかもしれませんが、これらは単に別のラバーストラップではないと言うのは公正だと思います。ロレックスはそれをブレスレットと呼んでいますが、それは確かに手の届くところです。
Oysterflexストラップの実装について注意するべき点は、ヨットマスターとは異なり、ストラップとケースの間に見苦しい隙間がないように、Rolex Daytonaの時計に特別なリンクが付いてくることです。また、あなたが手首にこれらの腕時計を置くと、あなたがストラップについて持っているかもしれないどんな不安も簡単に忘れられます。エラストマーは本当に涼しく、肌に快適であり、ストラップと手首との間にクッションをつくるストラップの下にフィンを付けることにより、販売ロレックスの腕時計はさらに優れたものになります。これにより、あなたの手首は、時計をあまりにも緩く感じたりタイトに感じさせることなく、少し伸ばしたり収縮させたりすることができます。また、フィンは暑い日にストラップの内側部分を通気するのに役立ちます。
昨年、2016年に導入されたCerachromベゼルは、Rolex Daytonaの所有者がステンレススチールベゼルを使用して時計を見ているため、古いDaytona時計のベゼルがしばしばかなり傷ついてしまうため重要でした。一方、Cerachromベゼルは、非常に硬く、ひっかき傷に強いです。さらに、彫刻されたタキメータースケールは、金またはプラチナの薄い層を使用してマーキングされ、ロレックスの腕時計は退色しないと言います。この2つの特性により、Cerachromベゼルはロレックスのデイトナファン、特に時計が元来の姿に戻らないようにしたいと望んでいるファンにとって、非常に望ましいものになっています。さらに、Cerachromベゼルは非常に光沢があり、ほとんど液状の外観をしており、特に直射日光下では非常に良好です。


残りのケースは徹底的に仕上げられています。研磨には無駄がなく、ネジ止めされたプッシャーとクラウンはすべて巧みに作られていて、操作上気分がいい。王冠は、ロレックスの腕時計のTriplock防水システムを使用しています。耐水性は100メートルと評価されています。これは、スポーツウォッチと呼ばれる時計では、最近ほとんど最低限に抑える必要があります。
ダイヤルの場合、イエローゴールドモデルにはシャンパンダイヤルが、ホワイトゴールドモデルにはロレックスの「スチール」ダイヤルが付属し、最後にEveroseモデルには非常に美しいピンクのダイヤルが付いています。

レプリカロレックスSky-Dwellerの腕時計

ロレックスが当初Baselworld 2012でOyster Perpetual Sky-Dwellerの時計コレクションをデビューしたとき、時計の世界は予想通りに動きました。この反応は、超保守主義者のコミュニティに提示されロレックスの腕時計たような新しいことからの躊躇でした。はい、時計コレクターは超保守的な傾向があります。これは、ブランドとしてのロレックスが引き続き好調に推移している理由の1つです。ロレックスを買うことは、時間を伝えるツールを買うだけではありません。ロレックスを購入することは、ロレックスの特定のクラブに買収するだけでなく、「デザイン機関」を購入することです。サブマリーナーやデイトジャストを入手して、60年以上にわたり周りを見ています。あなたが何を得ているのかを知ることができて、あなたが得ていることがすでに普及していることは、ロレックスを取得することの大きなメリットの1つです。だから、そこで最も控えめな時計ブランドが何か新しいものを提供するとどうなるでしょうか?


2018年に今日Rolex Sky-Dwellerはほとんど新しくないが、Rolexブロックではまだまだ最新の子供です。 Sky-Dwellerの発売前のインスタンスは、ロレックスが新しいコレクション名を発表したことは分かりませんが、かなり前からそうだったようです。 Sky-Dwellerはまったく新しい動きをもたらしました。これは、まさにRolexが生み出す最も複雑な動きです。この年次カレンダーGMTは、「グランド・コンプリケーション」であり、大規模なロレックスの時計メーカーのスタッフのチームによって組み立てられています。動きは操作とコンセプトでは美しいものですが、もっと後でそれに着きまロレックスの腕時計を購入するす。
他のほとんどのロレックスの時計から離れてスカイドウェラーを設定するものは、サイズでした。ケースデザインは、我々が知っているロレックスオイスターであり続けていますが、ロレックスは42mm幅のケースで生産し、ブランドで製造された最大の「ドレッシー」時計となっています。またリリース時にはSky-Dwellerが非常に高価になることも予想されます。ロレックスは、すべてのゴールドケースで新しいモデルやムーブメントをデビューさせる傾向があります。後でツートーンやオールステンレスのバラエティで時計をリリースするだけです。このように、Rolexは2017年までSky-DwellerのRolesor(スチールとゴールド)バージョンをデビューさせませんでした。Rolexのフルートベゼルが金メッキされているため、すべてのスチールモデルはありません。しかし、スカイドウェラーの最もアクセス可能なバージョンには、すべてのスチールのブレスレットと18Kホワイトゴールドのベゼルのみのケースが付属しています。視点を入れてみると、18kのSky-DwellerのブレスレットにはEverose goldが、現在の鉄鋼モデルのエントリーレベル価格は$ 14,400ですが、現在は48,850ドルです。レビュー326933は、ブレスレットとクラウンに金の材料が追加されたため、価格は17,150ドルです。


Sky-Dwellerの目的は現代のジェッロレックスの時計トセッターのために時計をユーティリティとステータスアイテムの両方に使用する時計を紹介することでした。ロレックスは、多くの人々の要望に耳を傾けて、より大型で日常的なスポーツ以外の時計を制作しました。また、多くの顧客が共通するのは旅行です。自社で製造されたキャリバー9001のオートマチックムーブメントは、ロレックスの他のGMTハンド搭載時計と比較して、ロレックスの腕時計GMTの時間を読みとり、市場で最高のカレンダーシステムを導入しました。年間カレンダーは、今日の機械式時計の着用者が時計に頼っていて、しばしば複数の時計を着用する方法を考えるとき、機械的なカレンダーの文脈において、複雑さと実用性の理想的な組み合わせとみなされがちです。パーペチュアルカレンダーは実際にはもっと複雑ですが、今日の高級時計愛好家が複数の時計を回転させて使用する傾向があると考えると、多くの人々にとっては実用的ではありません。


ロレックスは、口径9001(7個)にいくつの特許があるのか​​自慢しています。これは本当に複雑な動きです。ロレックスの企業では、実際にはよりシンプルな動きに集中するのが好きです。なぜなら、長く続くとサービスが少なくて済むからです。間違いなく、口径9001は堅牢であり、その複雑さは実際にいかに簡単に使用できるかによって覆われている。ダイヤルの情報から始めましょう。スカイドウェラーの最もユニークな部分は、他のロレックスの時計と比較して、GMT時間を表示するために使用されるダイヤルの露出した偏心リングです。 2番目のタイムゾーンは、赤と白の矢印ポインターで12時に読み取られます。このディスプレイは、発売されて瞬時に議論を呼び起こしたとき、斬新で非ロレックスでした。実際、アラビア語またはローマ数字の時間マーカーをさまざまな色で使用できる元のSky-Dweller時計の文字盤全体がそうでした。多くの人々がSky-Dwellerの初心者からの斬新さを高く評価していますが、特にそれほど美しいとは言えませんでした。

ロレックスエクスプローラー214270偽時計

2016年11月中旬に戻ってきました。なぜなら、何の理由もありませんでしたので、わたしが私がいた不可解な暗い気分から抜け出すために、小売療法が必要であると決めました。小売療法が必要ですか?もちろん、ロレックスの腕時計を購入するの買い物。私のaBlogtoWatchと他の愛好家の皆さんと相談したところ、2つの選択肢がありました:Rolex Explorer II Ref。 216570ブラックダイヤルまたはユビキタスロレックスサブマリーナRef。 114060日付なし(もし私が日付のないExplorer IIを入手できれば、私はそれを選択した可能性が高いでしょう)。


私はここに謎を残すつもりはありませんが、私が決定した後、Govberg Jewelersのジョージ・メイヤー(George Mayer)を買収した完璧な時計専門家の一人に話しました。まもなく私はExplorer IIを手首に持っていました。私はもっと幸せになれませんでした。しかし、その決定は私が想像していたより厳しいものでした。理想的な世界では、私はExplorer IIとSubmarinerの両方を手に入れました。ここでは、客観的に2つの時計を比較して、同じ選択肢で苦労している人にとって、この決定を少し容易にするようにしていきます。
ロレックスの腕時計・デイトナと陶器のパテック・フィリップ・ノーチラス(Patek Philippe Nautilus)が5711年代に尋ねた価格の何千ドルも上回って取引している現在、スチール・スポーツ・ウォッチが現時点で「それ」の作品であることは秘密ではありません。これは、彼らが望む時計のために公正価格を支払うことを望むだけの多くの時計愛好家からの正当な不満の話題ですが、残念ながら市場の動向と在庫によって、一部のモデルをほぼ不可能にすることができます。最近発表されたPepsi GMT小売りの上でモデル取引を見つけることは不可能です。


いくつかの時間前に、私たちのDavid Bredanは、Submariner 114060とTudor Heritage Black Bayの一人一人をしました。これは、一つの確かな価値提案がないので少し異なりますが、私はSubmarinerについてはこの記事を通してDavidの作品を引用します。だから、それ以上の苦労せずに、Rolex Explorer II 216560とRolex Explorer II 116060を見てみましょう。
新しいセラミックベゼルのロレックスの腕時計を購入するデイトナを取り巻くバズと天使の合唱の歌があることから、ロレックスがロレックスのエクスプローラを静かに更新したことに気づかなかった場合は、合格となります。微妙なアップデートで、この最新のロレックスエクスプローラは、完全に照明された数字のセットとサイズ変更された携帯電話を備えており、ロレックスの最も魅力的で魅力的なエントリーレベルのモデルのコース補正をマークしています。ロレックスのエクスプローラは、ロレックスの最もスポーツ的な腕時計のエントリーポイントとして長い間立っていました。魅力的で多彩なデザインは、その歴史をブランドの最も盛んな冒険の仲間の一つと位置づけています。この新しく再現された繰り返しは、スポーツ時計としてのRolex Explorerのルーツにとって実用的で有益なうなずきであり、近代的なデザインに必要な多くの洗練を加えています。
2014年のロレックスエクスプローラは39mmのサイジングを維持しており、ロレックスのスポーツモデルであるため、904Lの鋼を使用しています。 48時間のパワーリザーブ、パラクロムブルーヘアスプリング、パラフレックスショックアブソリュートを搭載したRolexの3132 Superlative Chronometer自動ムーブメントを搭載したロレックスの腕時計を購入するエクスプローラの動きも変わりません。
ロレックスの腕時計エクスプローラーのような最小限で機能的な審美的な美しさで、デザインのバランスをとることはあまりありません。以前のバージョン(Baselworld 2016までの214270)は美しく着用しましたが、36mm(参考資料14270)から39mmに移行する中で、一部の魔法は失われました。私たちは分かりにくい短針の短縮を見ましたが、それはダイヤルを満たしたり、分の軌道に到達するには少し短すぎました。新しい214270により、Rolex Explorerは14270の比率とデザインに戻ります。
これらの明るく磨かれたアラビア数字は、以前の世代に見られるものと同様のルメで満たされたバージョンに置き換えられました。これは小さな変化ですが、ロレックスの腕時計エクスプローラのような時計のスポーツ的で柔軟な意図を考慮すると、ロームは重要であり、ロレックスの腕時計を購入するのエクスプローラの設計において不可欠な要素でなければなりません。さらに、Rolex Explorerのルーツを考えてみましょう。今日のロレックスエクスプローラのデザインは、1963年にローンチされた1016ロレックスエクスプローラをベースにしています。この数字は、この2016年版に反映されています。
Eagle-eyedタイプは若干更新されたハンドセットに気づくでしょう。これは全体的にわずかに大きくなり、分針が長くなります。以前のバージョンの分針はひどいわけではありませんが、その比率は変わりませんでした。この変更は歓迎されない限り何もありません。手とマーカーには、RolexのChromalite lumeの青い変形があり、グローはRolex SubmarinerまたはRolex Explorer IIのものと似ています。スポーツライフスタイルを念頭に置いて、