偽ロレックスデイデイト40 ‘社長腕時計

1956年以来、ロレックスはデイデイト・ウォッチを主力メンズモデルとして制作してきました。最新のバージョンのDay-Date(一般的に「Rolex President」とも呼ばれます)は販売ロレックスの腕時計Day-Date 40リファレンス22823Xシリーズで、18ctイエローゴールドリファレンス228238、18ct Everoseゴールドリファレンス228235、18ctホワイトゴールドリファレンス228239、スムーズなベゼル950プラチナリファレンス228206です。このaBlogtoWatchレビューは、18ctホワイトゴールドロレックスデイデイト40リファレンス228239BLRPの青色のダイヤルです。ロレックスは貴重な4ケースの貴金属ケース素材に加え、魅力的なダイヤルカラーとスタイルのオプションを提供しています。

早い段階で時計を見直し、私はいつもロレックス社の社長を分類するための挑戦的な時計であると感じました。これは、デイデイトが私たちが考える傾向のある伝統的な時計のカテゴリーには適合しないからです。伝統的なドレスウォッチには簡単で基本的なものではなく、多くのスポーツウォッチの抵抗力を持っていても特定の身体活動のために作られたものではなく、そのデザインは特定のアイテムに触発されていませんアートや「デザイン」の腕時計のカテゴリに含まれています。その象徴的な地位と大規模な世界的な人気にもかかわらず、ロレックスのデイデイト社長は何ですか?
私はその質問に対する2部構成の答えを思いつきました。それは、ロレックスの腕時計を購入する Day-Dateが典型的なメンズジュエリーウォッチと典型的な男性用ゴールドウォッチの両方であることです。ロレックス・プレジデントのテーマは、コア・ホログラフィック・ユーティリティーと、特に勇敢で積極的なものではないステータスコミュニケーションの魅力を組み合わせることです。ロレックスは、「見てみる」とは言わずに「私を見てください」と言ったデザインにヒットしたようです。その結果は、「私はお金があり、少なくとも味わい深いものを認識していますが、長期の価値と機能性を備えています。

長い間、ロレックスの時計Day-DateとDatejustは、同様の人口動態に魅力を感じるように、互いに似たような道を歩んでいました。ロレックスデイトジャスト41時計について私の長期的なレビューを読むことができます。デイトジャストは安価で、現在貴金属で生産されていませんし、やや簡単な動きをしています。もともと、デイトジャストからデイトジャストの傑出したものを作成したのは、曜日のインジケータを含めることでした.12時の位置に完全に記入された日でした。私の理解では、この機能はもともと、日付だけでなく現在の曜日を知っておくことが有用であることを知っている活発なビジネスマン(男性)を対象としていました。これは、再発する義務を負う人にとって特に重要であり、それが何曜日であったかを定期的に(そしてはっきりと)思い起こさせるでしょう。
長年にわたり、あなたの手首に日と日付を持たせることの重要性が減少しました。特にテクノロジーが日付とカレンダーの情報をどこにでも置くようになりました。それでも、ロレックスは「伝統」企業であり、世界中の高級時計消費者にとってこの重要な時計の腕時計を生き生きとしたものにする習慣と義務の両方から、デイデイトを引き続き作り続けています。 1980年代から1990年代にかけて、ロレックスとデイデイト・プレジデント(デイトジャストだけでなく)にとって重要な時代でした。ブランドは、人々だけでなく、成功してもコミュニケーションを取るために使われていたからです。


デイデイト・ウォッチはニックネーム「大統領」を獲得しました。これはよく言われるものです。これは、いくつかの米国大統領(他の世界の指導者の中にも)がロレックスのデイデイト・ウォッチを着用ロレックスの腕時計していたことに由来しています。 1つの情報源は、ロレックス自身がデイデイトを「大統領の腕時計」と表現している1966年の実際のロレックス広告を指す。その時、米国大統領のリンドン・B・ジョンソン氏はデイ・デイトを着用し、その前にドワイトアイゼンハワー大統領。同僚とロレックスロレックスの時計の歴史家Jake Ehrlichは、ロレックスの「大統領史」とデイデイト・ウォッチについて議論します。
ロレックスのデイデイトは、最初から機能的なスポーツスタイルの時計と名高いメンズステータスアイテムの合併に成功したものです。オイスターケースの使用は、ロレックスの有名な機械的な動きと同様にその一部でした。本当にロレックスのデイデイトにとって有益なのは、ロレックスの腕時計ロレックスが1956年以来生産しているのではなく、ロレックスが1956年以来それを改善し続けているということではありません。もちろん、最新のデイデイト40が最高ですロレックスはこれまでに生産してきました。

完璧なロレックスDATEJUST 41時計

昨年、ロレックスの腕時計を購入するは私たちに新しいDatejust 41を与えました。名前は41mmのケースサイズを指します。ロールプレイングファンは、41mmが2009年に導入されたDatejust IIと同じであることを即座に認識するかもしれません。彼らはもちろんですが、Datejust 41は、少なくとも私の目には比例して見える微妙な改善が特徴です。いくつかの変更には、より洗練されたラグ、スリムなケースプロファイル、ダイヤルのより大きな口径、薄いベゼルなどがあります。つまり、昨年のモデル(ここでの実践)は、2トーンの金とスチールを意味するRolesorにのみ入っていました。 Baselworld 2017のために、Rolexは最終的に私が大抵の人が望むと思うモデルをリリースしました – Rolex Datejust 41ステンレス鋼。


鉄鋼の新しいロレックスの腕時計デイトジャスト41には、昨年のモデルが持つすべての洗練されたものがあります。これは、痩せたラグ、スリムなケースプロファイル、スリムなバトンマーカー、もちろん、新しい動きを意味します。私達が与えられたプレス写真から、新しいロールレイトデイトジャスト41はかなり素晴らしいようです。私は過去に、より洗練されたケースのために新しいDatejust 41の外観を好むと言ってきましたが、ここでも同じことが言えます。
おそらく他のバリエーションもありますが、ロレックスの腕時計がここに示しているのは、明るいサンレイバースト仕上げのブルーダイヤルと、ブランドのシグネチャー18kホワイトゴールドフルートベゼルです。ケースは904Lステンレススチールで研磨され、クラウンはRolexのTwinlockシステムを使用しています。耐水性は100メートルです。また、905Lのステンレススチールオイスターブレスレットも装備されています。このブレスレットには、折りたたみ式のOysterclaspとRolexのEasylink拡張システムが付属しています。


他のほとんどのロレックスの時計と同様に、バトンマーカー、時間、分、秒針はすべて18kホワイトゴールドで作られ、ロレックスの腕時計の特別なChromalightルミネッセント材料で満たされています。他のブランドで使用されている発光材料とは異なり、Chromalightは暗闇の中で素敵な青色の輝きを放ちます。ロレックスはまた、通常のスーパールミノワより長く続くと言います。 3時に日付ウィンドウが表示され、簡単に日付を読むための象徴的なRolex Cyclopsレンズがあります。


新しいロレックスデイトジャスト41は、既存のキャリバー3135または3136の改良版ではないロレックスの新しいキャリバー3235も手に入れます。動きの90%以上が新しいものです。いくつかの大きな改善点には、クロネギーエスケープメントと呼ばれる新しいタイプのエスケープメント、より効率的なギアトレイン、より長いぜんまい、より効果的な自動巻き取りモジュールなどがあります。オーナーにとって、これは70時間以上のパワーリザーブと精度と精度の向上を意味します。 Rolexの新しいSuperlative Chronometer認定に加えて、新しいRolex Datejust 41ステンレススチールは、1日当たり+ 2 / -2秒で正確になります。
新しいロレックスの腕時計を購入するデイトジャスト41が素晴らしいように見えます。もしそれがホットケーキのように売れなかったら私は驚くでしょう。ロレックスのデイトジャストは常に優雅な時計でなければなりません。新しくデザインされたデイトジャスト41のケースは、デイトジャストIIに比べて見た目が格段に上品に見えます。ステンレススチールでは、この新しいロレックスの腕時計デイトジャスト41は、昨年のツートーンロールソルモデルよりも手頃な価格です。

ロレックスのCELLINI MOONPHASE 50535時計

私の意見では、スイスのブランドBaselworld 2017で発表された最も魅力的な新しい販売ロレックスの腕時計の時計は、Rolex Cellini Moonphaseでした。既存のデザインの単なる新しい解釈ではなく、全く新しい時計であるだけでなく、少なくとも数十年にわたってRolexのポートフォリオには含まれていない新しい動きと一連の合併症も含まれています。 Cellini Moonphaseの「目的と位置づけ」の枠組みを支えるために、私にとってRolexの言葉で言えば、この時計は(「言い換えれば」)、「Rolexのデザイナーが芸術的に表現するまれな機会」です。
ロレックスは、2014年にドレスウォッチのCelliniコレクションを再設計し、再導入しました。それ以来、ブランドは正式な腕時計ファミリーのための4つの異なる動きのほぼ前例のないコレクションを開始しました。これには、日付ダイヤル、Rolex Cellini Dual Time、およびRolex Cellini Moonphaseの2017年版の、時間限定のRolex Celliniが含まれています。最も長い間、販売ロレックスの腕時計はシンプルな時計の動きにもかかわらず高品質を生み出すことに熱心でした。その理由は、生産効率を高めながら、消費者の動きの問題を減らすためでした。
ある程度、マスマーケットの高級時計メーカーとして、ロレックスは機械的な動きの合併症(時間や日付以外)が実際にはほとんど着用者に依存していないことを理解していました。これは、現代の顧客のニーズに焦点を当てることを望んでいたことを意味し、ニッチな時計製造者は、より小さなボリュームで制作できる熱狂者のためのより複雑な時計の制作に専念するようになりました。


そのため、ロレックスの時計は新しい合併症を導入することは非常にまれであり、新しい時計のパーソナリティを導入することはより一般的です。彼らがRolex Cellini Moonphaseのようなものを最後にしたのは、Rolex Sky-Dwellerで、2017年にはさらに手頃な価格の新しいバージョンを手に入れました。 Sky-Dwellerは、GMT(第2時間帯)の合併症と年間カレンダー(日付と月の両方を考慮したカレンダー)を組み合わせました。年間カレンダーの複雑さは、Rolexにとっては新しいものでしたが、それにもかかわらず、間違いなく実用的なユーティリティとダイヤルの非常に滑らかな実装があります。
しかし、ムーンフェイズの合併症は、特にドレスウォッチでは、あまり現代的ではない現実的な合併症です。ムーンフェイズインジケータは、月のおよそ29日間のサイクルをそのワックスフェーズとワーニングフェーズとの間で追跡するように設計されています。スマートフォンやその他の有用な天気や環境状態を示す技術では、実際に月の位相を知るために機械的な時計に頼っている人はまれですが、実際にこの情報を知る必要がある理由は何もありません。


これは、月面のインジケータは、多くの素晴らしい時計に組み込まれた美しい機能であり、この理由から、感情的に駆動される美学に取り組む高級時計のよりニッチな世界では、私はこの複雑さがロレックスにとって非常に興味深いものであると推測していなかったと言わなければならないでしょう。その目的は、比較的高い数量で売れる非常に高品質の時計を作ることです。私が言っていることは、私の意見では、ロレックス・チェリーニ・ムーンフェイズは、私が生涯に見た最初の確かにニッチなロレックスのドレス・ウォッチです。さらに、多くの人々がロレックスがずっと前に注意を払うことをやめたと考えていた他のブランドから注目を集めるという、ロレックスの具体的な試みであるようです。
Rolex Cellini Moonphase(リファレンス50535)の1つのバージョンが2017年に導入されました。これは、少なくとも私が知る限り、1つのケース素材と1つのダイヤルオプションを意味します。ロレックスは、ロレックスの時計製のパッションド・クラシック・ドレス・ウォッチがどのように機能するかを明確に見ています。これは、ロレックスが長い間不確かな製品に取り組んできたほどの努力です。すべての人が50535のRolex Cellini Moonphaseがいかに成功しているかに同意するわけではありませんが、ほとんどの人が時計が非常に魅力的だと思っています。


ロレックス・セルティーニよりも若干厚く、ロレックスの時計・チェリーニ・ムーンフェイズのケースも幅が39mmで18Kの金メダルが用意されています。適度なケース直径と組み合わせた古典的なケースの厚さは、時計が他の華やかな時計のための心地良い、実質的な感触を与える。ケースにはマッチした茶色のアリゲーターストラップが付いています。私はあなたが衣類のより暗い衣服に時計を合わせたいと思っていたとすると、それはまた黒いストラップでよく見えるだろうと思う。
ロレックスのCellini Moonphaseウォッチダイアルの最も興味深い詳細は、ムーンフェイズインジケータディスクそのものです。これは、エナメル技術を使用し、隕石から製造された月ディスクを持つことによって作られた、明らかに「量産されていない」物体です。

レプリカロレックスサブマリーナ116610LN:あなたが必要とする唯一の時計

ロレックスサブマリーナは、ブランドで最も人気のある時計の1つで、元々はプロのダイビング用に設計されましたが、スポーツウォッチはファッションアクセサリーとして象徴的な地位を獲得しており、ジェームズボンドの数多くの映画や、世界中のトップ企業。

サブマリーナーはさまざまな異なる素材と色の組み合わせで利用可能ですが、金と黒の組み合わせは、特にファッションアイテムとして着用することを意図している人にとって、明確な魅力があります。この記事では、ブラックとゴールドのサブマリーナと、潜在的なバイヤーが利用できる主な選択肢について説明します。
基本的に、ブラックとゴールドのロレックスサブマリーナを購入するバイヤーには、2つの主な選択肢があります。イエローゴールドとステンレス鋼を組み合わせたツートンモデル、またはフルイエローゴールドモデルです。多くの場合、これは2つの外観間の個人的な好みに基づく単純な決定です。

そうは言っても、フルイエローゴールドモデルはより贅沢なオプションであり、当然のことながら価格が高くなっています。それは、高品質のジュエリーに典型的な、より豪華な美学を提供し、陳述をしたい人にとって強力な選択肢となります。また、より伝統的で統一された外観も提供します。

ロレックスサブマリーナのブラックウォッチとブルーウォッチのどちらを選ぶかは、判断が難しい人もいます。スタイルと価格はどちらも考慮すべき重要な要素です。いくつかの重要な違いはあるものの、本質的に同一の時計であるロレックスサブマリーナ116618LNと116619を見てみましょう。したがって、2つの間の価格の違いを理解するには、それらの背景をしっかりと把握することが重要です。

私たちが手に入れたのはこれです。18Kイエローゴールド116618はブルー(116618LB)およびブラック(116618LN)で利用可能で、ホワイトゴールド116619はブルーのフェイスとベゼルのみを備えています。その飽和したイエローゴールドのおかげで、116618は明らかに大胆なオプションでした。しかし、ホワイトゴールド116619は滑らかで印象的で、すぐに「スマーフ」というニックネームが付けられました。ロレックスについて知っておくべきことがあるとすれば、最も愛されている時計だけが自分自身にニックネームを付けているということです。

では、これらの新しいSubを特別にした仕様は何ですか?さて、それはケースから始まります、それはそれが同じ40mmの幅とちょうど12.2mmの厚さでクロックインしているにもかかわらず、それが全体を大きく見せる大きなラグとクラウンガードを得た場合です。古いアルミニウムに取って代わった、アップグレードされた非常に耐久性のあるCerachrom(別名セラミック)ベゼルもありました。その他の新機能には、拡大された時間マーカーと針、高度に研磨されたセンターリンクを備えたゴールドのオイスターブレスレットと、シームレスな調整のための新しいグライドロッククラスプがあります。